本日はお日柄もよく。

絵をかいたり気になったことを語ったり妄想したりしています。

AMPキャッシュを削除したい…記事を消してもAMPが残っていることに気付いたので試行錯誤している件

 

お題「今日の出来事」

こんばんは、もとみんです。以前も書いたとおり、先週、記事の一部を消しました。しかし、消したはずの記事になぜかアクセスがある…これはどういうこと??

そう思って調べてみたら、Googleの提供しているAMPというサービスで記事がキャッシュされていることがわかりました。

 

AMPキャッシュにアクセスがあるらしい

Google先生によると、AMPとは、ざっくりいうと「スマホなどで読み込みを速くするシステム」とのこと。読み込みを速くするために、そのページをGoogle側のサーバーに保管してあるようです。

そのため、もとの記事のURLにアクセスすると「not found」でエラーになるのだけど、amp専用のURLにアクセスするとキャッシュされた記事が読めてしまうっぽいのですよね。まさかそんな落とし穴があるとは…!

キャッシュの変更方法や削除方法が紹介されているページを見たけれど、これははてなぶろぐではできないのではないかなあというかんじがしました。たぶん普通のWord pressならできると思うけど…。しかし詳しくなさすぎてちんぷんかんぷんすぎる;

 

試行錯誤1:内容を変えたらキャッシュも変わるのか?

AMPのページに、「コンテンツを更新すると、ユーザーは最新の内容をチェックできるようになっている」…というようなことが書かれていました。ということは、記事を書き変えたらその内容が反映されるということじゃないのか…?

書き換えたタイトルや記事がキャッシュされれば問題ないと思うんですけど、果たしてそのようになるのでしょうか。もしそうだとしたら、どのくらいの期間で反映されるのか、、謎すぎる、、

とりあえず、ページが削除できないのだったら内容を書き変えてみようと思いたって、いまさっきテストとしていくつかの記事を書き変えて一旦戻してみました。

 

試行錯誤2:サーチコンソールで「URLの削除」をしてみる

Googleサーチコンソールに「古いコンテンツの削除ツール」というのがあったので、こちらも試してみました。「URLの削除」のページで、検索結果に表示されているURLを入力するだけです。

■URLの削除ツール:https://www.google.com/webmasters/tools/removals

 

内容を変更した場合はそれをクロールするように依頼できるようなのですが、さきほど一旦アップし直した記事URLを入力したら、リクエストが拒否されました。

えーなぜ!!?と思いましたが、以下のような理由があるらしいです。

  • キャッシュ削除を依頼したページが第三者のページに表示されている
  • リクエストしたURLは入力したクエリの結果として返されなくなった
  • ページのキャッシュコピーが検索結果から削除されている
  • リクエストしたページへのリンクにのみ検索キーワードが使用されている
  • 最近同じリクエストが送信された

うーん…なおさらわからん;;

とりあえず内容を書き変えた記事はリクエストしても拒否されてしまったので、これはもしや無意味なのでは…?という気分になってきました。というわけで、せっかく書き換えたけれど、また一旦消すことに。

 

試行錯誤3:そもそもAMPをやめたら問題解決する?

はてなブログユーザーさんの書かれたAMPの記事を参考にさせていただいたところ、AMPの設定自体をOFFにする(AMPを配信しない設定にする)というのが多かったです。そもそもAMP自体をやめたほうがいいのかも?

どなたかのブログで、AMPの設定をOFFにすればAMPページにアクセスしても404になる、というのを見かけたのですが…それってすぐに反映されるのかな?

そのブロガーさんの実体験によると、1~2日でAMPが消えたそうです。もしかしたらこれが確実なのかなあ…とりあえずやってみないことにはわからないので、さっそく設定を変えてみました。

 

思考錯誤は続く…

一体どうすればうまくページが表示されなくなるのか…とりあえずいろいろ試行錯誤してみたけど、うまくいくかどうかわかりません。キャッシュってときどきすごく有難いけど、ときどきすごく面倒ですね…(T_T)

ではでは、また、、