もとみんわーく

創作系フリーランスのライフハック、メンタル、思考、気になる作品やネタなど語っています。たまに絵も描いてます。

本のはなし

あなたは天才?秀才?凡人?共感はときに独創性を殺すらしい

あなたは天才?秀才?凡人?「天才を殺す凡人」を読んだ感想とともに、共感はときに独創性を殺すらしいということについて語っています。

生きるのも死ぬのも辛い人に読んでほしい本:中島義道「カイン」

中島義道さん「カイン―自分の「弱さ」に悩むきみへ」の感想です。メンタル弱い人・生きるのツライ人・同調圧力が嫌な人などにおすすめです!

マツコ・デラックスさんと中村うさぎさんの本が結構面白かった件

マツコ・デラックスさんと中村うさぎさんの本を読んだら結構面白かったです。

好きな音楽で性格がわかる?音楽心理学×ビッグファイブで性格をチェック!

音楽心理学の本を読みました。好きなジャンルからわかる性格傾向とは!?

AI時代を生き残る条件は理系脳?見分けるための4つの条件とは?

AI時代の生き残り戦略は「理系脳」のようです。理系脳の4つの条件について語っています。

出張中だって酒を飲む!駕籠でも飲んでた江戸時代の医者・箕作阮甫の酒好きエピソードが面白かった

江戸時代の医者・箕作阮甫の酒好きエピソードが最高でした。全世界の酒飲みに愛と勇気を与えてくれること間違いなし!

東大祝辞が話題!姫野カオルコさんの「彼女は頭が悪いから」を読んでイロイロ考えた件

東大の祝辞が話題なのを受けて、姫野カオルコさんの「彼女は頭が悪いから」を読みました。感想というか所感というかとにかく語っています。

戦国時代のサイコパス!?残虐エピソード満載の殺生関白「豊臣秀次」が有能だと思う1つの理由

「智将は敵に学び、愚将は身内を妬む」という本をもとに、戦国時代のサイコパス・豊臣秀次について語っています。

ダメ男製造機になる女性の特徴とは?6種類のダメンズが抱える「心の闇」とダメンズ卒業に必要な3つの「チャレンジ」

心屋仁之助さんの本をもとに、ダメ男製造機になる女性の特徴や6種類のダメンズが抱える心の闇、ダメンズ卒業に必要な3つの方法について語っています。

海外SNSと日本SNSは全然違う!海外でバズる3つのポイントとは?

セブ山さんの「インターネット文化人類学」を読みました。その中から「世界でバズる方法」を紹介します。

あなたは誰から学ぶ?3歳児でも大好きな親より信頼できる相手を選ぶという「信頼」と「学習」の関係

こんばんは、もとみんです。さいきん寝る前に読んでいる本「信頼はなぜ裏切られるのか」が、結構「うわ~!」と思う内容だったので、今回はその一部について書いてみたいと思います。

承認欲求度を診断しよう!理解されない孤独や苦しさや悲しさを感じる人はLAMS症候群かも?

「良い子のフリをしてしまう」「親や友達に本音が言えない」「SNSのイイネが少ないと不安になる」などの「Look at me 症候群(Look-at-me syndrome:LAMS)」について語っています。

夢が叶わない理由は●●だった!成功して失敗を回避する方法

ライアン・ホリディ著「エゴを抑える技術」を読んだので、それについて語っています。エゴに囚われずに夢を描き、成功し、失敗を回避するには?

「GIVE&TAKE」から「エコノミックヒットマン」まで…おすすめ本3選

去年末、書こう書こうとおもってそのままフリーズしていた「面白かった本3選」をようやく書こうと思います。2018年のじゃないんかいッ!とツッコミを入れたいところですが、今年バージョンはまた別の機会に書けたらと思います。

新庄剛志著「わいたこら」からわかる不運の脱却法と運の引き寄せ方

新庄剛志さんの「わいたこら」から、不運の脱却法と運の引き寄せ方を考えてみました。

あなたのソシオパス診断結果は?「ソシオパスの告白」に見る特徴と恋愛観が興味深かった

「ソシオパスの告白」を読みました。感想を併せてソシオパスの特徴や恋愛感などを語っております。

【前田裕二著「人生の勝算」】「努力が報われない」から抜け出す方法とは?

SHOWROOM社長・前田裕二さんの著書「人生の勝算」を読みました。この本の内容から、報われない努力の脱出法を考えてみたいと思います。

この資質が必要?「ベンチャー企業社長になれる人」と「社長と結婚できる女性」とは?

川崎貴子さんの「愛は技術」という本を読みました。

凡人だって成功したい!だったら「オタク」になろう!

凡人だけど成功したい!そんな場合はヲタクになるのがおすすめです。その理由を語っています。

人生をやり直したい…そんなときは3つの「囚われ」を手放そう

人生やり直したい…という人は、3つの「囚われ」を手放すと良いらしいです。

今年もまた年始のBOOKOFFで買いまくってしまった…

今年もまた年始のBOOKOFFで買いまくってしまった…

「女子中学生の小さな大発見」に見る日常理科実験が面白い!

お題「年末年始に見たもの・読んだもの」 こんばんは!昨日から冬コミですね。今年も遂にこの時期になったか…みたいな気分ですが、ここ最近また作業続きだったので今ようやく落ち着いてホッとしてます。 今年はこのブログをもっと書きたいなぁと思っていたけ…

絶家の因縁!?「姓名の暗号」を読んだら自分の運命が過酷すぎてツラかった

少し特殊な姓名判断の本「姓名の暗号」を読んだら、自分の運命が過酷でした。人生ツラい。

つげ義春と久石譲。「感性」のはなし。

前々から読もうと思っていた、つげ義春さんの漫画を読みました。全集の6です。

現代人も共感必至!芥川龍之介は格言多きニヒリスト

青春の一冊…今まで読んできた本の中で「ぐっときた本」はいくつかあるのですが、果たしてそれを読んだ時期は「青春時代」といえただろうか?と思うとちょっと自信が無いです。