もとみんわーく

創作系フリーランスのライフハック、メンタル、思考、気になる作品やネタなど語っています。たまに絵も描いてます。

「うんこ」ってすごい!その重要性がわかる動画がおもしろすぎた

f:id:goldenworld:20200905224900p:plain

こんにちは、もとみんです。

大量の記事が下書きにあるのですが、なぜか最近は最後まで書き終わらずにいました。そんなわけで毎度久々の功臣…じゃなくて更新になっております泣

 

しかし今日は、どうしても書いておきたいことがあったので、パッションのままに記事を書こうと思います。

というのも、ずっと心待ちにしていた動画が約4か月ぶりにアップロードされたのです。その感動たるやもう!

ちなみにその動画とは…

 

「うんこ」の世界!!!!

 

 

動画:「うんこの世界」がおもしろい!

youtu.be

こちらの動画は、「DEF VIDEO」というチャンネルさんがアップしている動画なのですが、なんと前編・後編という大作です。

ちなみに、テーマがうんこだからといって、コメディとかそういうわけじゃなく、とても楽しく(?)うんこの知識が得られる動画です。

このチャンネルさんは個人的に、NHKとかディスカバリーチャンネルとかナショナルジオグラフィックとか見てる気分になります。

そのくらい知的好奇心を満たしてくれるし、さらには編集がもうプロすぎるんです。というか、実際に番組制作とかに関わってる方なのかな??

個人的には、「人糞にも身分格差がある」というエピソードとか、「戦時中に日本兵がうんこで敵を撃退した」といったエピソードがとても面白かったです!

なぜそうなのか、どうやったのか、などは、動画内で説明されていますので、ご興味ありましたら、ぜひ見てみてください♪

 

「うんこ」モチーフは好かれる?

「糞」「うんち」「排泄物」などいろいろな呼び方があるうんこですが、数年前から「うんこドリル」が大流行りしてますよね。書店にいくと、参考書コーナーの一角によく平積みされていたりします。

うんこドリル かん字 小学1年生 (うんこドリルシリーズ)

うんこドリル かん字 小学1年生 (うんこドリルシリーズ)

  • 発売日: 2020/01/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

2017年のyahoo!の記事によれば、

この3月に発売された小学生向けの漢字ドリル『うんこ漢字ドリル』がベストセラーになっている。3000を超える例文の全てが「うんこ」に関連しているという奇抜なコンセプトが受け、200万部を突破した。

とのことです。

このドリル、例文にすべて「うんこ」が出てくるそうですが、子供にとっては「つぎはどんな例文が出てくるんだろう?」と楽しくなるのだそう。

わたしは実際に見たことはないし、使ったことがないのでなんともいえないのですが、このドリルについては賛否両論あったようです。

 

また、東京のお台場には「うんこミュージアム」というミュージアムもあります。わたしが住んでいる横浜でも開催していて、そのとき少し気になっていたのですが、残念ながら横浜の会期は終わってしまいました。

公式サイトによれば、

うんこ”をテーマにしたミュージアムが爆誕。うんこを見て、触って、撮って、遊んで、究極の“ウンターテイメント”をお楽しみください。

とのことです。

 

てか、ウンターテインメントってwww

山田君、ざぶとん1枚!!!

 

いま調べたら、こちらの施設はカヤックも関係しているのですね。
なるほど!

unkomuseum.com

それにしても、なぜ人はこんなに「うんこ」に惹かれるのだろう??
特別うんこが好きです!とかじゃなくても、ネタとしてつい笑ってしまったりするのはなぜなんでしょうか?

…と思っていたら、ITmediaにこんな記事があったのでリンクを貼っておきます。

なぜ、人々はうんこにひき付けられるのか うんこミュージアムの魅力に迫る (1/5) - ITmedia ビジネスオンライン

 

「うんこ」の可能性:糞便移植とは?

動画の後編の最後でも触れられていたのですが、糞便移植というのがありますよね。これは個人的に気になっていました。

【糞便移植】

便微生物移植(べんびせいぶついしょく)は、健康な人の腸内細菌を対象患者の消化管に移植することにより、治療効果を得る目的で研究されている移植術。腸内細菌療法やふん便微生物移植、あるいはふん便薬(poop pill)ともと呼ばれる。

確実なエビデンスが確立しているのは、クロストリジウム・ディフィシル腸炎だけであるが、消化管疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病など)のほか神経難病や冠動脈疾患に対しても研究が進められている。欧米を中心に研究されてきた。2017年現在日本では保険治療としては認められていない。

(出典:Wikipedia)

ざっくりいうと、「腸内環境がいいひとのうんこを体内に取り入れたら、自分の腸内環境もよくなるぜ!」的なことですね。

初めてこれについて知ったとき、なんてすごいんだ!だったらぜひ自分もやりたい!と思いました。だって、自分の腸内環境は最悪だと思うんですよ…毎朝快適じゃないですし…。

こういった便秘や下痢が治るというのも魅力的ですが、どうやら一部の難病や糖尿病、肥満、精神疾患などにも効果があるのだとか。

精神疾患まで治るのか!と思いましたが、よくよく考えると、確かにメンタルって食事と運動で整えるといわれますよね。そう考えると腸内環境がいいことって素晴らしいんですね。そこで関係するのが…うんこ!やっぱうんこはすごい!

しかし、この糞便移植でも死亡例があるようです。やはりなんでも安全なわけではないのですね。う~ん…(シャレではない)

 

うんこの重要性をしみじみ感じつつ…

そんなわけで、唐突にうんこの話でした(笑) しかし楽しみにしていた動画だったので、本当にうれしかったんですよ!

ではでは、また、、